yyh-gl's icon

yyh-gl's Tech Blog

技術ネタ中心のブログです。主な扱いはバックエンド技術と設計です。

k8s関連書籍をいろいろ読んだ

k8sの読み方は「クバネティス」派

yyh-gl

1 分で読めます

featured

今回読んだ本

業務でk8sを触る機会があり、事前に知識をつけるためにいくつかの本を読んだ。
以下が今回読んだ本。

入門 Kubernetes

本書はk8sを触るうえで知っておくべき基本的な内容が書かれている。
コマンド例も書いてあるので、実際に手を動かしながら、k8sの基本について学ぶことができる。

私は趣味の開発でk8sクラスターを運用しているので、基本的には復習的な意味合いで読んだ。
とはいえ、永続化周りの知識はなんとなくでやっていたので知見が深まった。

特にk8sを初めて触る人におすすめの一冊だと思った。

注意点としては、原書は第3版まで出ており、いくつか加筆がある。
日本語版は加筆部分がないので、最新の情報を知りたい場合は原書を読むことをおすすめする。

Googleのソフトウェアエンジニアリング ―持続可能なプログラミングを支える技術、文化、プロセス

25章『サービスとしてのコンピュート』を読んだ。

k8sそのものの話はあまりない。
「コンピュート(プログラムを実際に実行するのに必要な計算能力)」というワードを中心に、 スケールする環境でプログラムを動かすことの大変さと、その大変さを解消するために考えるべきことを深ぼっていく。

この話の中で、 k8sの前身であるBorgの話が出てくる。
こういった考えのもとBorgが生まれたんだなというのがよくわかった。

特に以下2点が私にとっては有益な情報だった。

  • スケールする環境における「コンピュート」関連の課題
  • 『ペット対家畜』の話

Kubernetesで実践するクラウドネイティブDevOps

読書中

最近の投稿

About

東京で働くソフトウェアエンジニアです。バックエンドがメインですが、フロントエンドやインフラもさわっています。